YAHHOのひとりごと

和侖

二階の鍋屋は無事に一ヶ月を過ぎようとしています、なんの広告もしていないのに想像以上にお客様が来て頂きスタッフ全員がパニクルこともしばしばあって迷惑をかけてます。でも二日続けて某四国ボードメーカーのBOSSが来てくれ同じメニューを食べてくれたのは嬉しかったな、、、!元プロ野球の選手も来てくれ一人で鍋三つも食べてたのにはビックリです!
連日来てくれる某不動産屋の社長には大感謝です!
100-1.jpg

バリのワロンみたいに少しでユックリできるスペースをとのコンセプトで始めた鍋屋、スタッフのレベルも上がりチョットはリラックスできるようになったかな?  11月は毎週火曜日が休みです。28日は火曜    日だけど開けています!
宣伝 週末は混みあってるので予約してください。
   06-6705-3860
自慢はこだわったトイレとディスプレの流木です。
店内のいたるところにディスプレされている流木は生見海岸で僕が拾って来た物で、それぞれに思い出がありメッチャ気にいってます。
まぁアイディアはワロンをデザインしてくれた小井戸さんがくれて俺はそれを実践しただけやけどな!!
100-2.jpg

鍋屋OPEN!

鍋屋OPEN!名前は「和侖」 ワロンと読みます。意味はインドネシア語で簡単な食事やスナックを売ってる小屋という意味です。僕自身がバリ島のワロンが大好きですごく落ち着きのんびりマッタリまた心から笑える空間なので、少しでも都会の真ん中でそんな気持ちで食事をしていただければと思いなずけました。店内は木をベースにデスプレで飾っている木はすべて僕のホームブレイクの生見海岸でサーフィンの合間をぬって拾い集めたもので、きっと落ち着かせてくれるはず今年は台風が多かったので収穫でした。
味の方も肉屋で9年間の修行を終えた店長アキラが選りすぐった肉にはレセプの時から絶賛でした。こだわりの肉関係のメニューを楽しんでください。
それと肉屋のまかないメニューのカスで味わうハリハリ鍋がお勧めで、多分メニューとして出したのは和侖が初めてじゃないかな? また開店に携わってくれた職人の方、店のスタッフのほとんどがサーファーです。料理はモツ鍋が一人前890円です。

当初は休みなしで営業しています。
PS 入り口は正面は鍋屋の入り口でSHOPは従来のショーウィンドのガラスの部分を入り口にしました。正面看板の間にデスプレしているサーフボードは僕のマインドです。
96-1.jpg

96-2.jpg

96-3.jpg

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

プロフィール

YAHHO

Author:YAHHO
サーフ&スノーショップ「ホールドアウト大阪」のオーナーYAHHOこと、野間裕二です。