YAHHOのひとりごと

メイドインジャパン ボード

さっき来てくれたお客さん、、量販店や大正方面にある安売りの店を巡り、、最後に来てくれて、、、ボードを買ってくれた20歳のメンズ、、その彼に聞いてそこのHPみてびっくりや、、、、ウエットが2万円前後、、ボードが7万前後、、えっ????

あり得へんやん、、びっくりやな、、、高い物には理由があるし安い物にも理由があるねん、、、どんな作り方してるねんやろ???そのウェット、、硬いゴムでミシンで大量に縫っているやつやねんやろな、、、ボードもEPSの整形ボードやろ、、、ほんま売ったあとのケアーゼロやろ、、びっくりや、、、

俺らの時代は量販店や安売りの店なかった、、、何処の店もサーフィンが好きな大好きなレジェンドがやっていた、、だから何処に行っても間違いなく、、正しい知識を学んだけど、、今はサーフィンするにあたって出会う店&人で全然ちがうものになるで、、せっかくサーフィンと出会ってんからいい経験を積んでいい人と巡り合い最高の経験をしてほしいからな、、おれがそうだったから、、だから絶対に地元と関係のあるジャパンメイドのボードに乗るべき、、そしたら知り合いが出来るから、、、

オーストラリアのキッズがアメリカのボードには乗ってないし、、アメリカのキッズがオーストラリアのボードには乗ってないで基本、、プロになれば世界に出るために海外ボードに乗るサーファーもいるけど、、基本ジャパンメイドやで、、

せっかくサーフィンと出会ってんから地元のボードに乗り、、ボードのおかげで多くの関係者と知り合いになりレベルを上げ、、特別な場所で一人でも多くサーフィンをしてほしいな、、その為のルールとマナー&人脈は紹介するから、、本物を目指そう、、せっかくサーフィンと出会ってんから

俺らの時代はまだまだ日本のサーフボード作りのレベルが低く、、海外の上質のボードに目が行きかったもんや、、で次は関東、、関西よりサーフィンのレベルが高くボード工場もたくさんあり間違いなく関西より良い物を作っていたわ、、今は関西も林健太や辻裕次郎がグランドチャンプになったことで関東と並んだし追い越す勢いや、、海外ボードより技術も上やと思う、、

そして一番は乗ってることにより多くのジモピープロや上級者と知り合いになれるからな、、ロングだと畑ユウジやアンリ、、ショートだろ林健太を筆頭にいっぱいいてるから、、それが財産になり経験になるで、、、

良い物には理由がある、、これ大事、、、レベルを上げていい場所でのサーフィンを目指そう、、一緒に!!!
blogram投票ボタン




励みになります、クリックお願いです。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

プロフィール

YAHHO

Author:YAHHO
サーフ&スノーショップ「ホールドアウト大阪」のオーナーYAHHOこと、野間裕二です。